上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- --:-- | スポンサー広告 |

作文対策 漢字編

世界最速!スーパー漢字記憶術は存在する。



今やIT時代!!

漢字なんか知らなくとも文は書けます。

なんたって、漢字超苦手人間の私が、このサイトを漢字入りで書いているのですから間違いないです。



特に大人は、もう文なんて手書きでは書きませんよね。

ワープロ(パソコン)は本当にありがたいと思う今日この頃です。



しかし、子供に「漢字なんか覚えなくていいよ」なんて口が裂けても言えません。

もちろん理由は、中学受験のためだけではありません。

実際、ワープロで漢字変換するときでもどの漢字が、自分の書いている文に合うのか、判断する力は最低限必要ですものね。

また、漢字が書けない大人(私のことですが・・・)ってかっこわるいですもん。

そんな大人に我が子をしたくありません。



しかし、上記でも書いているように、私は小学校時代から漢字が本当に嫌いでした。

小学校時代に漢字が嫌いだった理由は・・・



  1. なんで覚えなきゃいけないのか実感がなかった

    (ひらがなカタカナでいいじゃん)

  2. 覚えるには、何度も何度も書くしかなかった。

    (その方法しかない、と思っていた。親や先生、文部省もその指導方法しか知らないのだからしょうがない) 

  3. しかし、一生懸命、10回20回書いても覚えられなかった。

    (自分の無能さを思い知らされる)

  4. 覚えていければ楽しくなって、また覚えよう、書いてみようという気になるはずだがそれがなかった。
  5. よって、いやになって書くのをやめた。もちろん、覚えられない・・・

今、この記事を書いていて自分でも情けなくなってきましたが、小学生だった私の偽らざる気持ちです。



こんな私でしたから「我が長男よ、がんばって漢字得意になってくれ・・・(祈)」

と思っていましたが、蛙の子は蛙、親よく似て「漢字だめだめ君」でした。

長男の小学校では学期の最後に50問ほどのテストをよくやってました。皆さんもそうだと思います。

小学校5年の夏休み前のテストだったと思います。

50問のテストで正解は、半分くらいでした。

小学4年の時のテストより悪かったようです。

(それでも、小学校時代の私よりは良かったです・・・)



そんな長男ですが、私との唯一の違いは、このテストをみて

「おれ漢字だめだな、どうにかしなきゃ!」と思ったところでした。

「あんたはえらい!!」とホメたいです。

「下手くその、上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目」

(バスケットマンガ:スラムダンクの安西監督のお言葉から引用)



そして、私に助けを求めてきました。

「お父さん。漢字このままだとやばいんだけど、どうすればいい?」と・・・



そんなことを言われたら、自称教育パパゴンとしては燃えないわけにはいきません!!

「長男よ、お父さんが教えてやる!!」

(メラメラメラ 星飛雄馬の目を引用?)



しかし、漢字ダメダメ人間の私です。

どうやって指導すればよいのか分かりません。

実は、家内は漢字が得意です。

私・・・「ねえ、〇〇って漢字はどう書くんだっけ?」

家内・・・「こう書くのよ・・・スラスラスラ」「はー(家内のダメ夫へのため息)」

よく馬鹿にされます。(だって知らないんだもーん、と心で開き直る私)



では、家内はどうやって漢字が得意になったのか?



やっぱり、小学校時代に「何度も何度も書いて覚えた。努力しかない」といっています

私も努力は必要だと思います。

しかし、無駄な努力はいやなんです。



実は、長男には小学校低学年のときも、長期休みになると漢字の書き取りをさせていました。

私なりに考えて、飽きないようにクイズっぽく問題を出しながら・・・

でも結局は、何度も書かせるという方法です。

そして、やはり親の私と同じで長男は覚えられませんでした。

だって10回も同じ漢字書いていたら飽きるよね~それで覚えられたらやる気になるけどね~



そこで、今回の長男の助けを求める声です。

中学受験も意識し始めた時でしたので、何とかしたいと思いました。



世の中には絶対良い漢字の覚え方があるはずだ!

絶対に私と同じ思いを持っている人がいるはずだ。

夢中で探しました・・・といってもネット検索です m(_ _)m



何か怪しい記憶術や、難しそうなもの、そしてやっぱり何度も書かせる方法・・・

しかし、私の切なる思いにネットの神様は答えてくれました。



そして見つけた奇跡の方法!!

それは

「つがわ式漢字記憶術」 です。

最初は怪しげな方法だな、と思いましたが、検索をしていくうちに、あのお笑い芸人の爆笑問題がある番組で紹介したという記事を見つけました。

爆笑問題の太田光さんが

「何回漢字書いても覚えられなかったもんな、小学校の時に、(つがわ式に)出会いたかったって思った」

といっていた記事を読み、私と同じだ、この方法は本物ではないか!!と感じました。

(芸能人の力は偉大である。一般人をその気にさせる力がある。

真矢みきさん、お願いします。ぜひ「あきらめないで!」ちゃんと謝罪くらいされてはいかがでしょうか。)



藁(わら)をもすがる思いで、早速つがわ式の本をまとめて購入しました。

つがわ式漢字記憶術ドリル

アマゾンなら上記の本はすべてあります。まとめ買いもできますよ。
 



今はDSソフト
もあるんですね(あのときはなかったと思うんだけど・・・)

まずは、私がドリルをやってみました。

さて、その驚愕の実践記録は・・・次の記事に続きます。


スポンサーサイト
2013-03-01 17:46 | 作文対策「漢字記憶術」 | COM(0) | TB(0) |
カテゴリ
プロフィール

こうしろう

Author:こうしろう


教育関係で働くニ児の父親です。

中高一貫校の受検のため、
我が子と格闘した日々
を振り返り、ブログにしてみようと思いました。

受験勉強を通じて、
子供も私も共に成長できたと思っております。

この体験を今後の受験生の
特に親御さんのお役に立てれば幸いと思っております。

受検に際する心構えや
子供の変化に対する導き方、
また、過去問題を解く際の
解答用紙や模範解答も公開しています。


自分勝手な
「受験勉強思い出日記」とでも思って、読んでいただき、活用できるところがあればご活用ください。

あの日々を思い出しながら、皆様とつながっていきたいと思っております。

よろしくお願いします 
m(_ _)m

月別アーカイブ
i2i
金利差調整分
カテゴリ
楽天サイト
名前 こうしろう

自分勝手な「子供との受験勉強思い出日記」ですが、ご参考にしていただければうれしいです。
m(_ _)m

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
(カテゴリ内にもあります)
スポンサードサイト
中学受験ブログランキング
最新コメント
お問い合わせ
管理人へのお問い合わせはお気軽に下記フォームよりご送信ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

アマゾンサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。