上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- --:-- | スポンサー広告 |

面接対策 「会話2」


「はい、いいえ」だけではいただけない!

会話を膨らませよう。



そのために役に立つ魔法の言葉、それは・・・・・



「なぜなら」・「実は」・「たとえば」


質問には、「閉じられた質問」と「開かれた質問」の2つがあるのはご存知でしょうか。



  1. 「あなたは医者になりたいですか?」
  2. 「あなたは医者になるならどのような医者になりたいと思いますか?」

この2つの質問で、「閉じられた質問」はどちらでしょうか?



答えは、1です。

1の質問は、「はい、なりたいです」か「いいえ」で充分ですよね。

つまり、そこで会話は閉じられます。



それに比べて、2は、「やさしいお医者さんになりたいです。なぜなら、私がよくお世話になっているお医者さんがそうだからです。私は良く病気をします。その時のかかりつけのお医者さんが・・・・」と話が膨らんでいきます。

話が膨らむと、面接官はそれをきっかけにして、また質問をします。

「そう、どんな病気をよくするの?よかったら聞かせてくれる?」とか・・・会話が盛り上がるのです。

そう、会話のキャッチボールが成り立つのです。



「開かれた質問」をされた場合は、まだキャッチボールになりやすいのですが、「閉じられた質問」の場合、子供はとにかく簡単に答えよう、としてすぐ会話が終わってしまいます。

とくに男の子は会話がへたですから・・・



我が長男なら、2の開かれた質問でも、簡単に答えるために「いいえ、なりたくないです。」と無理やり話を終わらせようとするかもしれません。

長男にいわせると、「だって、なりたくないもん。正直にいわなきゃ」ですからね。真面目なのです・・・(とほほほほ)

質問内に「医者になるなら」と仮定の話をしているのだから、仮定として答えればいいのに、うそでいいのに会話力がないとすぐ話を終わらせようとします。



話が続かないとき重宝する単語が、「なぜなら」「実は」「たとえば」などという言葉です。



「いいえ、なりたくないです。・・・・・なぜなら(実は)、僕は血を見るのが嫌いだからです。小さい時に足を切って血がいっぱい出た思い出があります。そのせいで、血が苦手です。」という感じで話を膨らませられます。

「そう、それは痛かったでしょう。それは何歳くらいのこと?」と面接官はボールを投げ返しやすくなりますよね。



それと、この言葉にはもう一つとても良いことがあります。

「なぜなら」や「実は」という言葉の後には、その子の実体験が盛り込まれるはずだからです。



実体験を話の中に入れることができれば、それはもうその子だけの「オリジナル」な答えとなります。

面接の答えなんて、誰でも大体同じです。

だから、面接官はだんだん飽きてきます。

一日数十人も相手にしてみると分かります。

同じ答えだったらいやになるんです。

そんな中で、実体験を入れた話をしてくれると、面接官はうれしいのです。

だって、同じ経験をした子は、他にはいないのですから。

たとえ、同じ経験でもそれをどのように感じたか、は人それぞれ違いますから、面白い会話になるのです。



もしお子さんと面接練習する際は、子供が話をすぐに終わらせた時に、親御さんから「たとえば?」「それなら?」と接続詞を投げかけて、話を膨らませる練習をおすすめします。



我が長男は、本当に典型的な「閉じられた答え」しか言えない子でした。

どんな質問をしても、「いいえ」「はい」「分かりません」「〇〇です。」で答えていました。

これでは会話になりません。

そんな練習が何回か続き、どうしたものか、と考えて編み出した作戦です。

(ちょっと大げさですね・・・)



でも、この「たとえば・なぜなら」作戦を繰り返し行ったところ・・・

これが、話のきっかけになって、次の言葉が出やすくなるのですね。



数回このような練習をしたことにより、手前味噌ですが、とてもよい面接の受け答えができるようになりました。

本当です。もし、お子さんの受け答えがすぐ終わるようなら、お試しください・・・



ちなみに、だからといって本番はどうだったかは、長男のみぞ知るです・・・

(まあ、合格できたのだからきっといい受け答えができたのでしょう、と信じて・・・・)


スポンサーサイト
2013-03-12 06:30 | 面接対策「会話2」 | COM(0) | TB(0) |
カテゴリ
プロフィール

こうしろう

Author:こうしろう


教育関係で働くニ児の父親です。

中高一貫校の受検のため、
我が子と格闘した日々
を振り返り、ブログにしてみようと思いました。

受験勉強を通じて、
子供も私も共に成長できたと思っております。

この体験を今後の受験生の
特に親御さんのお役に立てれば幸いと思っております。

受検に際する心構えや
子供の変化に対する導き方、
また、過去問題を解く際の
解答用紙や模範解答も公開しています。


自分勝手な
「受験勉強思い出日記」とでも思って、読んでいただき、活用できるところがあればご活用ください。

あの日々を思い出しながら、皆様とつながっていきたいと思っております。

よろしくお願いします 
m(_ _)m

月別アーカイブ
i2i
金利差調整分
カテゴリ
楽天サイト
名前 こうしろう

自分勝手な「子供との受験勉強思い出日記」ですが、ご参考にしていただければうれしいです。
m(_ _)m

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
(カテゴリ内にもあります)
スポンサードサイト
中学受験ブログランキング
最新コメント
お問い合わせ
管理人へのお問い合わせはお気軽に下記フォームよりご送信ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

アマゾンサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。