上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- --:-- | スポンサー広告 |

作文対策 「実践編」


志望校の過去問の作文課題を徹底解析!

次もほぼ同じものが出る。




作文対策で「書く」ことになれ、「漢字」もある程度書けるようになったということで、いよいよ最終編!

志望校はどんな傾向の課題が出るのか、をよく親が把握し、似たような課題を与えて時間内に書かせる練習をさせましょう。



高志中等教育学校の作文課題は、

「「人とのかかわりあいをとおして学んだこと」について、これまでのあなたの体験をもとにして、八百字程度で書きましょう。」(H21)

「「思いやりの大切さ」について、あなたの考えを、体験したことや身近な出来事を例にあげて、八百字程度で書きましょう。」(H22)

でした。


ここから読み取れる傾向は、「抽象的な事柄を自身の体験と関連づけて書きましょう」というものだと私は考えました。



他の学校では、読書感想文のようなものを書く場合もあるようですが、どんな作文課題にせよ、受検したその子が

どんな子なのか、

何を考えている子なのか、

論理的に考えられる子なのか、


これを学校は見極めたい、と思っているのではないでしょうか。



また、字数と時間に制限があります。

書き始めたら一気にいかないと、やり直している時間はありません。

そのため、始めにある程度構成を考えてから書き出すことがよいと思います。



では、どんな感じで勉強すればよいのか・・・




これは、NHKの「テストの花道」で紹介されていた「クラゲマップ」というものです。

いきなり作文を書きだすのではなく、クラゲの絵の中に書きたい事柄のキーワードを書いてみてはどうでしょうか。



たとえば、高志中等のH21年作文課題なら、

「人とのかかわりあい」―「図書委員」―「イベント企画」―「みんなでやるむずかしさ」―「みんなでやるたのしさ」

という感じで関連するキーワードを書き出します。

そこから自分で書きやすいものを選んで書いていくと、道に迷わず作文を書けるのではないでしょうか。



また、「ビシッと決まった作文にするなら・・・」

最初に「結論」を書きましょう。



  1. 結論を言って、
  2. それを感じた出来事を書いて、
  3. それに対する自分の感情などを書いて、
  4. 再度、結論に持っていく。

さらに、それを中学入学後に「こう活かしたい」とつながればよい文が書けると思います。


物語の感想文でも、



  1. 結論を言って、
  2. それを感じた文面を問題文からぬき出し、
  3. それに対する自分の感情、思い、考えを付け加え、
  4. 再度、結論に持っていく。

感想文の場合は、中学入学後までつなげるのは難しい場合もあるでしょう。

しかし、受験の課題ですから、つながりそうなテーマを学校も選んでくるのではないでしょうか。

国語のテストではないのですから・・・


学校側としては



  • あなたはどんな体験をしてきたのか、
  • それをどう感じたのか、
  • そしてこれからの中学生活でどう活かしていけると思うか

を結局のところ、問うているのではないでしょうか。

それが、作文課題の大きなテーマと考えます。


作文ということで、学校ごとにかなりばらつきがある課題となるため、記事内容に強引なところがあると思います。

しかし、あくまで受検課題、受験問題ということを考えれば、学校側の意図は見えてくるでしょう。



私は国語は、元来苦手です。作文も超苦手でした。

大きなことをこの記事で書いていますが、長男のときは「満点でなくていい、平均点を取れれば御の字」くらいに考えていました。

そのため、参考になるところがないかもしれませんが、お許しください。



下記のURLは、すこし高度ですが、「大学入試の小論文の書き方」が紹介されています。

http://www.nhk.or.jp/hanamichi/p2012/120903.html

NHKの「テストの花道」ネタです。よろしければ参考に・・・



追伸

カテゴリ 面接対策「会話1」にも、作文対策について触れています。

見ていただけるとうれしいです。



スポンサーサイト
2013-03-14 06:30 | 作文対策「実践編」 | COM(0) | TB(0) |
カテゴリ
プロフィール

こうしろう

Author:こうしろう


教育関係で働くニ児の父親です。

中高一貫校の受検のため、
我が子と格闘した日々
を振り返り、ブログにしてみようと思いました。

受験勉強を通じて、
子供も私も共に成長できたと思っております。

この体験を今後の受験生の
特に親御さんのお役に立てれば幸いと思っております。

受検に際する心構えや
子供の変化に対する導き方、
また、過去問題を解く際の
解答用紙や模範解答も公開しています。


自分勝手な
「受験勉強思い出日記」とでも思って、読んでいただき、活用できるところがあればご活用ください。

あの日々を思い出しながら、皆様とつながっていきたいと思っております。

よろしくお願いします 
m(_ _)m

月別アーカイブ
i2i
金利差調整分
カテゴリ
楽天サイト
名前 こうしろう

自分勝手な「子供との受験勉強思い出日記」ですが、ご参考にしていただければうれしいです。
m(_ _)m

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
(カテゴリ内にもあります)
スポンサードサイト
中学受験ブログランキング
最新コメント
お問い合わせ
管理人へのお問い合わせはお気軽に下記フォームよりご送信ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

アマゾンサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。