上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書くことに慣れさせる!


作文の書けない子は年々増えているようです。

その原因としては、「文(作文)を書かせる授業が少ない」からです。

しかし、これは小学校の先生が悪いのではありません。

なんたって授業時間が少ない、確保できない中でいろいろな教科や行事を行わなければいけないのですから先生を責めるのはお門違い。



ならば話は簡単です。「子供に文を多く書かせましょう」です。

しかし、さあ書いてごらん。といったって書けるわけありません。

どうやって書かせるかが問題です。



そこでどうすればいいのか?


「朝日新聞の天声人語を毎日書く」ように導きましょう。

朝日新聞は、専用のノートを作っています。
天声人語
これは大人の間でも、行っている人がいます。

他の新聞も真似をして、自社の新聞にあった○○ノートを販売するようになりました。


天声人語は、小学生には難しい漢字や文字数も多いかと思いますが、利点が多くあります。


  1. ニュースに興味を持つようになる。
  2. 社会に興味を持つようになる。
  3. いい文の作り方を身につけられる。
  4. 文字を書くことになれる。苦にならなくなる。

しかし、書かせるときに注意が必要です。

つい大人は「きれいに書きなさい。丁寧に書きなさい。」といいたいですが、

とにかく作文嫌い、作文を書けない小学生に「文(文字)を書くことに慣れさせる」が主な目的です。

そこで、子供に書かせるときには、一言だけ言いましょう。



「とにかくスピードだ!!」です。

ストップウォッチを用意して、毎回の時間を計らせるのです。

そして、昨日よりも今日、早く書けるようにいいましょう。

丁寧に書こうとすると、文を書くのに慣れていない子供は1時間~1.5時間かかります。

それでは、毎日続けることはできません。

飽きるし、やになるし、子供は書いている内容が理解できないものも多くありますから・・・

そこで、「スピード」です。

子供は、一種のゲームのように感じて「よし、今日は40分にチャレンジだ」「最速を目指すぞ」といってがんばります。

もちろん、文を飛ばしたりしてはいけません。

習っていない字でもとりあえず書くようにいっておきます。



お見せするのも超恥ずかしいですが、我が長男は、こんなでした(泣)
スピード重視
もう、親はあきれるやら、はらわたがにえくりかえるやら・・・でした。

しかし、、そこはぐっと抑えます。

「今日も書けたね」

「昨日よりも早かったね。すごいね。」

「ちょっと時間かかったけどやりとげたね。」などと、やれたことを評価しましょう。

成果を求めるのではなく、その過程を認めてあげましょう

この忍耐が、親の中学受験です (^ ^)v



長男には本番1年前から毎日書かせました。

もちろん、彼は文句をいいながら、気分の乗らない日も多くあって、本当に大変でした。

お菓子や物で釣ってやらせたいところでしたが、それをやっては「報酬のためにやる」人間になってしまいます。

そこで、なんとかおだてながら、諭しながら、時には叱りながら(怒ってはだめです)やってきたつもりです。

集中をして、汚い字でもよければ、30分くらいで書けるようになります。ご安心を・・・



しかし、本番の答案でこれでは相手が読んでくれません。

もう書くスピードは十分身についていましたから、入試直前の1か月間は「ひらがなだけは丁寧に書こう」と指導しました。



多くの子供は、ひらがなをちょちょらに書きます。

そこを直すだけで、全体の文の見え方は変わります。

まだまだですが、我が長男の入試直前はこんな感じになりました。

もちろん、書くスピードを保ちながらです(はぁー読めるレベルになってよかった)
丁寧に

この最後の一か月は、



  1. まず本人に書かせて、
  2. 私がチェックする前に本人に自分の字(ひらがな)をチェックさせます。
  3. そして、読めない字と読める字の差をまず本人に判断させます。
  4. その後、私がチェックを入れて、「これは読めないだろう。どう?」と本人に聞いてみます。
  5. それにより、本人の中での基準ラインが修正されていきます。
  6. もちろん、最後はダメだしされた字を丁寧に書かせます。

長男は、本当に作文を書くのが苦手でした。

○○について書きましょう。と学校の先生から課題が出ても、「うーん」とうなって30分くらい手が動かないときも多かったようです。

書き出しても、200字が精いっぱいといったところだったでしょうか。

内容はともかく、今はとりあえず800字くらいなら、それなりに書けるようになっています。



まずは量を書けないと、受検では採点されません。

もちろん内容も大事ですが、まずは「書ける自信」をつけさせてみませんか。


本気で子供にやらせるなら、絶対まとめ買いがいいですよ。後に引けませんし・・・
我が家は、12冊まとめて買いました!!
←210円 違うノートもありますが、こっちの方がお安いです。


ランキングに参加しています。「勇気づけ」られます.
どうかポチッ!とクリックをお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
に ほんブログ村



さらなる「やる気発動ボタン」です。
でき得るならば、こちらもポチッとお願いします。


お読みいただき、ありがとうございました。


トラックバックURL
http://kohshichuto.blog.fc2.com/tb.php/16-3369b69a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
カテゴリ
プロフィール

こうしろう

Author:こうしろう


教育関係で働くニ児の父親です。

中高一貫校の受検のため、
我が子と格闘した日々
を振り返り、ブログにしてみようと思いました。

受験勉強を通じて、
子供も私も共に成長できたと思っております。

この体験を今後の受験生の
特に親御さんのお役に立てれば幸いと思っております。

受検に際する心構えや
子供の変化に対する導き方、
また、過去問題を解く際の
解答用紙や模範解答も公開しています。


自分勝手な
「受験勉強思い出日記」とでも思って、読んでいただき、活用できるところがあればご活用ください。

あの日々を思い出しながら、皆様とつながっていきたいと思っております。

よろしくお願いします 
m(_ _)m

月別アーカイブ
i2i
金利差調整分
カテゴリ
楽天サイト
名前 こうしろう

自分勝手な「子供との受験勉強思い出日記」ですが、ご参考にしていただければうれしいです。
m(_ _)m

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
(カテゴリ内にもあります)
スポンサードサイト
中学受験ブログランキング
最新コメント
お問い合わせ
管理人へのお問い合わせはお気軽に下記フォームよりご送信ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

アマゾンサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。