上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天才の脳は「幸せ脳 3」最終回!!

そのメカニズムを探る。キーワードは「光」!


カテゴリ「脳科学 天才2」では、「早く寝ましょ!」でした。

さて、最終回の3回目は、「早く起きましょ!」です。



「早起きは三文の得」

この言葉は脳科学的にも正しいのです。



生物は光でコントロールされていると説明(「脳科学天才2」参照)しましたが、

生物が朝、目覚める仕組みこそ、まさしく光の力です。



朝起きたその瞬間に、太陽の光を子供のに浴びさせましょう。

「まぶしーー でも気持ちいいー」と誰でも感じますよね。

これこそ生物が光を欲している証拠です。



朝は、ヒトがこれから活動していかなければいけないために、文字通りに「目覚め」が必要です。

いわゆる「覚醒」の瞬間なのです。

その日の覚醒をもたらすのが、朝の光です。

そして、この光を感じることで、ヒトは脳内にドーパミンという神経伝達物質(脳内麻薬)を放出します。



このドーパミンとは・・・?

運動調節、ホルモン調節、感情、意欲、学習などに関わる神経伝達物質です。

このドーパミンが脳内に放出されると、ヒトは快楽を感じ、幸せな気分になります。

覚せい剤とよく似た構造を持ち、中枢神経系に存在します。

こんな形をしています。

ドーパミンメタンフェタミン(wikipedia引用)



覚せい剤を使用すると、いわゆるハイな感じを得られる(らしい)のですが、

形が似ているので覚せい剤と同じ効果がドーパミンにはあります。

我々が「幸せ感」を得られるのは、脳内でこのドーパミンが放出されているからなのです。



つまり、このドーパミンの放出が適正に行われる脳が「幸せ脳」ということになります。

そうなんです。覚せい剤なんかに手を出さなくとも、ヒトは幸せになれるのです。



「かわいい我が子の脳に覚せい剤だなんて・・・・(怖)」と思われるお母様!

ご安心ください。ドーパミンはもともと自分で作り出すものですから、自分で分解もできます。

つまり脳内で用事が済んだドーパミンは回収されたり、分解されたりするのです。

その点、覚せい剤は一度体に入れてしまうと、脳内に蓄積され、「ハイ状態」がずっと続く。

つまり、脳のおバカ状態がずっと続くことになるのです。



このドーパミンをしっかり放出するためのポイントが「早起き」です。

それも、我が教祖、黒川伊保子先生によると、その放出最高時間があるとのこと。

そのドーパミンゴールデンタイムは・・・?



コケコッコー  朝6時前です。



  1. 朝6時前に起きて、暗室だった部屋のカーテンをガバッと開ける。
  2. ドーパミンがガバッと脳内に放出する。
  3. 爽快な気分をガバッと感じる。
  4. その日一日、子供は覚醒してガバッとがんばれる。
  5. 感受性が豊かになり、見るもの触るものすべてに幸せをガバッと感じやすくなる。
  6. 学校での授業にも幸せな気分でガバッとのぞめる。
  7. 良く集中して勉強もガバッとできる。
  8. 結果、成績もガバッと上がる。
  9. 自分が生きていることに幸せをガバッと感じられる。その他もろもろ・・・・

どうです。三文どころではない幸せ満載物質なのです。

それが、お金を出さなくとも、早起きするだけで出てくるのです。

こんなにお得な情報はありません!!



「でも、太陽の出ていない、曇りの日はどうするんだ」とおっしゃる方のために、ちゃんとオプションをご用意しています。



できれば太陽光が最高ですが、蛍光灯でも何でも結構です。

光をガバッと浴びましょう。ただし時間厳守でお願いしますm(_ _)m

これにより、細胞内の体内時計の時刻合わせができ、

生物として「よしこれからがんばるか」というタイマーがスタートするのです。


そして、脳にとってもう一つ大事なことがあります。

それは「朝ごはん」です。

どんな高級車でも、ガソリンがないと走りません。

子供も、元気な体があっても、エネルギー源がないと動きません。



そして、脳は炭水化物(糖質)しかエネルギーとして受け付けません。

炭水化物といったらなんでしょうか?



もちろんお分かりですよね。そうごはんです。

やっぱり日本人はごはんなのです。



さあ、ここに究極の受験勉強法の完成です。



  1. 早く起きて、
  2. 朝ごはんしっかり食べて、
  3. 読書によって筆者が何年もかけて体得したことや筆者の人生を、たった数時間で体験し、
  4. すばらしい人生感を味わった後、ぐっすり寝る。
  5. そして、それが記憶される。(脳科学「天才2」参照)

いかがでしょうか。

受験勉強なんてそんなの小さいものではございません。

人生の目標は、「幸せになること」だと思います。

それを、小さいうちからしっかりと我が子に感じさせられたら、親冥利につきます!



我が家では、「夜8時に寝て、朝5時半起き」がおおよそのスケジュールです。

その甲斐あってか、長男があるとき言ってくれた言葉があります。

「わくわくしているときや楽しい気分はドーパミンのせいなんだって!」という話を私が長男にしたとき、

「それなら、俺は学校の算数の時間はドーパミン出っぱなしだな!だって楽しいもん」と・・・

これが聞けただけで、親の苦労は報われた気がしました。

ただし、言ってくれたのは一回だけです・・・・(その後はどうなんだーーー(怒))




1.早寝  2.早起き 3.朝ごはん 4.読書  の絶大なる効果を

三回に分けて脳科学的に説明してきましたが、いかがだったでしょうか。



「当たるも八卦(はっけ)、当たらぬも八卦」

でも、やってみて絶対に悪いことはありません。ぜひお勧めします。

ただし、カテゴリ「内申点を上げる正攻法」で紹介してある親の苦悩付きです。

ご確認くださいm(_ _)m 


←これもよい参考書ですが、カテゴリ「内申点をあげる正攻法」に紹介した
「「しあわせ脳」に育てよう! 子どもを伸ばす4つのルール 」

を読めば「黄金ルール」は読まなくても大丈夫!!

でも、黒川教にご入信ならば必要ですよ v(^ ^)V
(黒川教 布教員第1号?からのお知らせでした m(^ ^)m )



ランキングに参加しています。「勇気づけ」られます.
どうかポチッ!とクリックをお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村



さらなる「やる気発動ボタン」です。
でき得るならば、こちらもポチッとお願いします。


お読みいただき、ありがとうございました。


トラックバックURL
http://kohshichuto.blog.fc2.com/tb.php/28-01694c53
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
カテゴリ
プロフィール

こうしろう

Author:こうしろう


教育関係で働くニ児の父親です。

中高一貫校の受検のため、
我が子と格闘した日々
を振り返り、ブログにしてみようと思いました。

受験勉強を通じて、
子供も私も共に成長できたと思っております。

この体験を今後の受験生の
特に親御さんのお役に立てれば幸いと思っております。

受検に際する心構えや
子供の変化に対する導き方、
また、過去問題を解く際の
解答用紙や模範解答も公開しています。


自分勝手な
「受験勉強思い出日記」とでも思って、読んでいただき、活用できるところがあればご活用ください。

あの日々を思い出しながら、皆様とつながっていきたいと思っております。

よろしくお願いします 
m(_ _)m

月別アーカイブ
i2i
金利差調整分
カテゴリ
楽天サイト
名前 こうしろう

自分勝手な「子供との受験勉強思い出日記」ですが、ご参考にしていただければうれしいです。
m(_ _)m

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
(カテゴリ内にもあります)
スポンサードサイト
中学受験ブログランキング
最新コメント
お問い合わせ
管理人へのお問い合わせはお気軽に下記フォームよりご送信ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

アマゾンサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。