上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

適性検査対策は、
小学校勉強と社会の知見を広げること。

あとは「進研ゼミ 公立中高一貫校受検対策コース」
だけでがんばりました!!



高志中等教育学校の

適性検査1の傾向は、その土地(地方)に関係ある事柄を題材にして、歴史や統計問題が出ます。



どのような事柄かというと、

「新潟市の中心街にある立体歩道橋」や「マリンピア(水族館)や日本海タワー(展望台)」「農業園芸について」などです。

そこで、我が家では「屋外実習」といって、上記の場所はもちろん

歴史館や文化会館、ゴミ燃焼熱を利用した温水プールなど、出題されそうなところを見学に行きました。
(もちろん、遊び半分で・・・)

そこが出題されればいいですが、それだけでなく子供の社会に対する知見を広めることにより、学問と社会がつながっていることを実感させたかったのです。

知識問題を問う受験問題しか受けたことがなかった私としては、

このような問題を出題する適性検査は、本当に素晴らしい受検問題だと思います。



高志中等教育学校以外の中学受検の場合でも、その土地に絡んだ問題は出やすい(出題者としては出したい)と思います。

ぜひ、遊び気分でお子さんを連れ出してはいかがでしょうか。




適性検査2の傾向は、大ざっぱに言うと理科・算数の応用問題といったところでしょうか。

つまり、学力試験と大差ないのです。

ここは日々の小学校勉強を頑張る。

それと、日常の自然現象(太陽・月の動きなど)や社会問題(地球温暖化対策など)を親子の会話の中で取り上げましょう。

なんといっても、新聞を読むのがいいですね。(これについてはカテゴリ「作文対策 書く」参照)




次は実際に行う適性対策受検勉強についてです。

家でやる勉強としては、小学5・6年生対象の
「進研ゼミの 作文・表現力講座」の追加コースである 
「公立中高一貫校受検対策コース」
を5年生よりやらせました。

(もちろん、長男本人が「やらせてください。お願いします。」と言いました。あくまで「導き」で・・・(笑))

それまでの日々の勉強でも、「進研ゼミ 小学講座 チャレンジ」をやっていましたので、その流れに乗っただけなのですが・・・



しかし、この「公立中高一貫校受検対策コース」には問題点がいくつかあります。

それについては、「適性対策その2」に書いてみます。


もし、進研ゼミを検討されるのであれば、無料資料請求されてはいかがでしょうか。

その資料を見たうえで、再度「適性対策その2」を見てもらうと記事の内容がよく分かるかもしれません。

実は、我が長男が進研ゼミ(対策コースではない、通常のチャレンジの方)を始めたのは、小学3年になる前の春休み(2月だったかな?)に届いた資料を見てでした。

「小学校3年生になると勉強が難しくなるんだって、僕やってみよっかな?」

などという、親が喜ぶようなことを言いました。

家内に相談したら、「なーにいってんの(怒) 勉強なんてやるわけないでしょ!」
「本当は、ふろくが目的なんだから・・・あなたしっかりして!(怒)」でした。

「確かにそうだな、きっと3日ボーズになるな」と思って、やらせる予定ではありませんでした。

年間でウン万円しましたし・・・

しかし、今まで長男の「勇気をくじいてきた」私としては、

たとえ下心があったとしても、

せっかく「やりたい!!」といった長男の気持ちを大事にしたい。と本当に思いました。

家内は反対でしたので、私のなけなしの「貯金」より全額出しました(とほほ・・・)

「金出したんだから、やってくれよな。」としっかり言い聞かせて、長男に恩を着せ、チャレンジをやらせようと思っていました。

しかし、本当に「明日、子供に恩を着せよう、言い聞かせよう」と思っていた前日に、ある本を人間ドックを受けている待合室で読みました。
(リアルでしょ。本当にそうなんですよ。)

そこに、ある記事が載っていました。詳細は忘れましたが、

「親の期待を押し付けちゃいけない
お金を出すのは「親が出したい」と思ったんだから
子供に恩なんて着せるのはダメ
そのお金はどぶにでも捨てたと思いなさい。
私はそうやって自分の子供を留学させましたよ」

というような記事でした。

なんということでしょう!(番組ビフォアアフターより引用)

なんという私の心を見透かしたような教え!目からウロコでした。

神様は、みんな見ているのですね・・・

そんなこんなで始めた「進研ゼミ チャレンジ小学3年生」でした。

といったって、こちとら神様じゃあ~ねえぜ!! 

優しく見守ろうとがんばりましたが、やる日もあり、やらない日もあり、叱った日もありました。

山あり谷ありでしたが、なんにせよ、我が子は小6になるまで一回も期限を過ぎることなく「赤ペン先生」を出しました。

赤ペン先生とは、進研ゼミ チャレンジで月一回提出するテストです。
手書きの添削をしてくれます。
実はこの添削、めちゃくちゃすごいです。

何がすごいかって?
とにかく添削の字がきれい!そして絵が上手な先生が書いてくれます。
見るとおどろきますよ~



継続は力なり、自宅勉強が習慣となり、本当によかったと思います。

進研ゼミには、賛否両論あるようですが、私はありがたく思っています。

でき得るならば、もう少しお安いといいのですが・・・

ということで、入会申し込みも、もちろんよろしいかと思いますが、まずは「無料資料請求」されてそれをよくご覧になってから、「申し込み」されるのがよろしいかと思います。

進研ゼミの資料請求サイトはこちらをクリック⇒進研ゼミ 資料請求icon

そのページに記入していくと下の方に、
【小学〇年生向け】オプション教材(作文・表現力講座/その他)  や
【〇〇年度小学〇年生向け】公立中高一貫校受検をご検討中のかた向けプレゼント
のチェック欄があります。チェックをお忘れなく!!

でも、一度資料請求すると、その後もいろいろ届きますけど・・・

それはご覚悟してくださいm(_ _)m

では、「適性対策その2 「進研ゼミには問題点がある」」でまたお会いできることを楽しみにしています。
トラックバックURL
http://kohshichuto.blog.fc2.com/tb.php/35-fa35f7f0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
カテゴリ
プロフィール

こうしろう

Author:こうしろう


教育関係で働くニ児の父親です。

中高一貫校の受検のため、
我が子と格闘した日々
を振り返り、ブログにしてみようと思いました。

受験勉強を通じて、
子供も私も共に成長できたと思っております。

この体験を今後の受験生の
特に親御さんのお役に立てれば幸いと思っております。

受検に際する心構えや
子供の変化に対する導き方、
また、過去問題を解く際の
解答用紙や模範解答も公開しています。


自分勝手な
「受験勉強思い出日記」とでも思って、読んでいただき、活用できるところがあればご活用ください。

あの日々を思い出しながら、皆様とつながっていきたいと思っております。

よろしくお願いします 
m(_ _)m

月別アーカイブ
i2i
金利差調整分
カテゴリ
楽天サイト
名前 こうしろう

自分勝手な「子供との受験勉強思い出日記」ですが、ご参考にしていただければうれしいです。
m(_ _)m

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
(カテゴリ内にもあります)
スポンサードサイト
中学受験ブログランキング
最新コメント
お問い合わせ
管理人へのお問い合わせはお気軽に下記フォームよりご送信ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

アマゾンサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。